フィルムスキャン&プリントのS、 鈴木写真変電所
 近鉄生駒鋼索線(ケーブル)コ4、コ1
 ↑半鋼製の1号、2号が元気に活躍していた時代です。 単線並列構造の宝山寺線と山頂線の2線構造
 Google社の自動広告を導入中です。 <ご注意>
 Google配信とはいえ、広告欄に「ウィンドウズのパソコントラブル解決」とか「ドライバ云々」とか「ダウンロード」、「*秒以内にダウンロード開始」とか書いた広告には触れずに「×」で閉じて下さい。これらの広告はパソコンシステムのトラブルになる可能性のある広告です。
広告による問題発生は当店は責任を負えませんので、ご注意をお願いいたします。
画像処理最大手Adobe社はダウンロード時のインストール項目を注意して外さないと、googleの閲覧ソフトに入れ替わる場合があります。
 近鉄生駒鋼索線(ケーブル)コ4
 ↑普段の主力車両 コ3号「すずらん」、コ4号「しらかば」。台枠構造がすごすぎ。 
日本全国ケーブル一覧 
 
↑よくぞ調べた一覧表。24社で全部なんだろうか?しかし西信貴ケーブルの断面図が貴重なので拡大。
  店主は信貴山断食道場の常連客?でもある。(過去形にしたいが・・・。)毎朝、廃線跡の散歩で?と思うナゾが解けたのはこの図。 
近鉄生駒鋼索線(ケーブル)コ1、コ4 
 ↑たまたま3号、4号の検査でこの状態。コ1「いのり」が到着。 
 近鉄生駒鋼索線(ケーブル)交換所
 ↑単線が2線並びの交換所。曲線と直線の組み合わせで、ロープの差がでるのか、長め?の延長が確保されている。 
近鉄生駒鋼索線(ケーブル)コ3、コ4 
 ↑踏切制御は赤線囲いのトロリーコンダクターで行う。 パンタはシングルシュー。
近鉄生駒鋼索線(ケーブル)コ3 
↑人専用の踏切。ロープが2本通るため、歩行用の木の間隔が広い。 
近鉄生駒鋼索線(ケーブル)踏切 
 ↑交換所にある自動車用の踏切。ここはロープが1本なので歩車通行用の木の間隔は狭い。 
近鉄生駒鋼索線(ケーブル)コ3すずらん 
 ↑車体右下部に停止位置検知用の接触子がある。 打ち子式ATS。
 
 ↑山頂線の乗車案内 
 
 ↑車内に降車ブザーがある。看板通りだと、あらかじめ車掌に知らせて、下りるときに押すのか。山頂の巻き上げ係が大変。 
近鉄生駒鋼索山頂線生駒山頂駅 
 ↑訪れたときは閑散と・・・。 
 
 ↑山頂線のコ6「はくちょう」 
 ※店名略称:フィルムスキャンs、通称店名:鈴木写真変電所
Copyright(C)2010.04 フィルムスキャン&プリントのS All rights Reserved